本当に安くなるか?見積もりサイトを使って引越準備

引越し

KAJIPAPAです。

市内で引っ越すことになりました。

まずは見積もりをとるため、下記サイトへ登録してみることに。

LIFULL引越し見積もり

 

見積もりサイトへの登録で必要なことは?

記入事項で必要になってくるのは、
・現住所
・新住所
・引越し希望日
・引越しに移動したい家具

ですが、個人的には最初に詳しく移動する家具まで入力し、概算見積もりをもらってから、

安いところで【訪問見積もり】をお願いするはずだったのですが、、、

登録するや否や、電話の嵐!!!

今回上記サイトから見積もりの依頼をした業者さんは、

・サカイ引越しセンター
・アリさんマークの引越社
・アーク引越しセンター
・アート引越しセンター

だったのですが、なかでも【アーク引越しセンター】は1時間に5回以上も電話がありました。

※仕事中に申し込んだので、メールにて返事が欲しい旨、備考欄に記入していました。

結局すべての業者さんが、登録後10分以内に着信があり、業界の熾烈な争いを垣間見ることに(笑)

仕事が終わり、着信のあった順にコールバックしたのですが、

念の為、備考欄の確認はしていなかったのか?確認をしたところ、、、

基本的には「訪問見積もりの日程をお伺いしたかったので電話を差し上げた」という回答。

もちろん、備考欄に記載しているにもかかわらず、電話をしてきたことへの謝罪もありました。

【余談】対応の悪すぎる引越し業者にはクレームいれました

がっ!!!

【アーク引越しセンター】は謝罪もなく、電話口の担当者は、
・備考欄を見なかったのか?という質問に対して、
「訪問のアポをとることが僕たちの仕事。備考欄にそんなことを書かれてもしらない」

・運んで欲しい家具は詳しく記入してあるのでとりあえず見積もりをもらえないか?という質問に対して、
「そんな記入欄は勝手に登録サイトがやってることで、当社には関係ない。うちは訪問で見積もりさせてもらう」

っという、回答。
その際の口調といい、「だったらやってもらわらなくてもいい」的な発言に久々に【怒】
その担当者とはそれ以上話したくなかったので即切り。

クレームをいれたんですが、詳しい内容は本記事とは関係ないので割愛します。

訪問見積もりについての各社のメール対応

とにもかくにも、引越し業者さんは訪問見積もりをしてナンボって世界のようです。
上記の1社を外し、他社さんには、
「すぐに日程を答えれないので、可能な時間帯などをメールでください。予定に併せて返信します」
と、返事をしたところ、

【サカイ引越センター】の回答
・【8:00~8:30】【9:30~10:00】【11:00~11:30】【13:00~13:30】【14:30~15:00】【16:00~16:30】【17:30~18:00】の時間帯で問い合わせをもらったら対応する。

・念の為、第1希望、第2希望まで伝えて頂けると助かる。

【アート引越しセンター】の回答
・毎日18:00まで予約を受けているので連絡がほしい。
・見積額はその他考慮する事項があるので5~10万になるとのこと。

【アリさんマークの引越社】
回答なし(面倒だと思われたのでしょうか)

今回は備考欄無視で電話はしてきたものの、窓口の対応が良かった【サカイ引越センター】に、
訪問見積もりを依頼することにしました。
サカイ引越しセンターの電話担当の方はベテランさんなのか、受け答えも丁寧で、
好感をもてましたし、希望時間帯も第1希望を通してくれてました。

まとめ

さて、ここまで見積もりサイトへの登録から業者の訪問見積もりのやりとりまでを書いてきました。
ポイントとしては、

・見積もりサイトへ登録の際は、荷物の内容など入力する欄はあるものの、結局引越し業者は訪問見積もりでしか見積もりをしてくれないので詳しく入力する必要はない。

・見積もりサイトへの登録、申請後は嵐のように電話がある。
(急いでいる場合は、すぐに対応してくれると思うので予定日まで空けておくといいかもしれません)

客の要望を無視して開き直るような担当者がいる会社は今後の連絡にも支障をきたしたり、ストレスになる可能性が高いので使わない。

上記の3点をわかっているだけでも、簡単に、スムーズに引越し業者の選定が進むのでないかと思います。

引き続き、訪問見積もりについても体験記事を書いていきます。